2019年4月4日

About us

サーキュラーエコノミーを協働でデザインしていく

サーキュラーエコノミーは、「使えるものは捨てずに使い、使ってないものは活用する」という環境にも経済にもサステナブルなコンセプトの経済活動です。いままで使用後に廃棄されていた製品や素材を「資源」と捉えなおし、使われていない資産を活用させることで、資源・資産はより循環型に、効率的に使用することができます。サーキュラーエコノミーを実現へと導くのは、「カスタマーセントリシティ」「サステナビリティ」「テクノロジー」「コラボレーション&共創価値」「ソーシャルフェアネス(社会的な公正さ)」と言われています。

Circular Economy Lab, JAPAN(CELJ)は、2018年にローンチされた新しいプラットフォームです。 CELJは社会全体のより持続可能なシステムづくり・組織作りの協働デザインに寄与する中立的な立場を実践していきます。日本と海外をつなぎ、知識が国境を越えて広がるようファシリテーションします。日本と海外のさまざまなステークホルダーの皆さんと一緒にサーキュラーエコノミーを探求し、ともにディスカッションし、実践に向けた協働プロジェクトを作っていきます。言葉や国を超えてコラボレーションし、「一緒に達成する」姿勢がわたしたちの活動の中心です。

サーキュラーエコノミーを推し進めるのは「独占」ではなく、オープンなコラボレーションだと考えています。

Circular Economy Lab JAPANのサービス
  • 「実践に向けた学びの場づくり」
  • 「あらゆるステークホルダーからなる議論の場づくり」
  • 「コラボレーション創生の場づくり」

―サーキュラーエコノミーの旗手は2015年にEUが打ち出したサーキュラーエコノミーパッケージでした。2018年現在、あれから3年経ち、欧州の各都市では毎週のようにCE国際会議やイベントが開かれており、メソッド開発が進んでいます。そこでは「問題意識」×「議論」がメソッドを生み出すエネルギーとなっていると感じます。

サーキュラーエコノミーについて研究をしたい、製品開発のために学びたい、サステナブルな生産と消費を一緒に考えたい方、参加に興味のある方は気軽にご連絡ください。日本の社会のためのサーキュラーエコノミーを学び、話し合い、実現に向けて一緒にデザインしていきましょう。サーキュラーエコノミーはテクノロジーばかり論じられがちです。「人の幸せ」という社会の観点を一緒に大切にしていきましょう。

運営事務局:
Circular Economy Lab, JAPAN サーキュラーエコノミーラボ ジャパン

藤原斗希子(共同代表)

佐原ツエアマン理枝(共同代表)

石原明美(ファシリテーター&ワークショップデザイン)