2019年6月3日-5日開催 第3回世界循環経済フォーラム(WCEF2019)フィンランド

2018年に横浜で開催された世界循環経済フォーラムが、第1回に続きフィンランドのヘルシンキで開催されます。開催日は2019年6月3日・4日・5日。

第3回目のテーマは、循環型経済の次の時代とその移行への拡大です。

循環型経済事業への投資の拡大、新技術の普及と導入、循環型経済の繁栄を可能にする重要な規制変更について取り上げられます。基調講演、テーマ別セッション、ネットワーキングなどを含む17つのセッションが用意されています。

加えて今年は、以下の4つのトラックが設けられています。

トラック 1  イノベーション:
循環経済への移行におけるイノベーションの役割を取り上げます。新しい事業活動、将来の技術と循環経済を拡大するために必要な投資についての議論を行います。

トラック2 セクター:
さまざまなセクターに対する循環型経済の適用について取り上げます。特に都市における、建設と水の循環的な解決についての議論を行います。

トラック3 戦略:
循環型経済の戦略的計画と実行について取り上げます。地域的、国家的および地域的戦略、またロードマップおよび指標、ならびに循環性と気候変動との相互関係性に関する議論を行います。

トラック4 社会:
社会的影響と循環経済への移行の公平性について取り上げます。発展途上国における循環型経済や世界の安全保障への影響、そして現在の教育的および日常的な解決策についての議論を行います。

出典元:Sitra

Circular Economy Lab 編集部