2019年3月1日 開催 CEC Global Screening of “Closing the Loop”上映会 & トークイベント(東京)

世界初のサーキュラーエコノミーのドキュメンタリー映画『Closing the Loop』上映イベントおよびパネリストディスカッションが開催されます。

この映画では“取る・作る・捨てる”の一直線型ビジネスモデルから、ゼロウェイストや“ゆりかごからゆりかごへ”といった循環ビジネスモデルに転換した世界のパイオニア企業を取材しています。

今回のイベントでは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に関わってくる5つのサーキュラー戦略“5R”(Reduce、Reuse、Recycle、Renew、Reinvent)にフォーカス。

パネリストには、国内外のサーキュラービジネスの一線で活躍する各界の専門家を迎え、参加者のために映画中の“5R”についてライブ解説があります。ディスカッションでは日本のサーキュラーエコノミーとはなにか?ビジネスへの可能性と課題はなにか?を明らかにしていきます。

パネリスト出演者
– Sann Carrière氏 So Now Asia 設立者/代表取締役
– 坂野 晶氏 ゼロ・ウェィストアカデミー 理事長
– その他、後日発表予定

映画『Closing the Loop』
製作:グラハム・シェルドン(エミー賞受賞者)
プレゼンター:ウェイン・ヴィッサー教授(The Antwerp Management School、The University of Cambridge Institute for Sustainability Leadershipフェロー)

この上映会は世界同時上映で38ヵ国125カ所以上で上映されます。

映画『Closing the Loop』トレーラー:

https://vimeo.com/254754265

イベントの参加目的
– サーキュラーエコノミーの可能性とインプリメンテーションを知りたい
– 日本、海外のサーキュラーエコノミー最新動向について学びたい
– 課題と解決の方法について他の人の意見を聴きたい
– 次のステップ、どんなコラボレーションが必要かを探りたい
– 多様な人々(起業家、企業、学生、非営利団体など)と交流したい

参加対象者
– サーキュラーエコノミーの可能性・インプリメンテーションを知りたい法人/個人の方
– サーキュラーエコノミーをバリュープロポジションに取り入れて、自社のサステナビリティを向上したい企業とスタートアップの方
– 環境NGO、スタートアップ、企業の方
– サーキュラーエコノミーとサステナビリティに関わる学生、学者、研究者の方
– 政府自治体、公共団体の方(大使館含む)

言語
映画: 英語(日本語字幕)
ディスカッション: 英語

スケジュール
18:00 開場(フィンガーフードスタート)
18:30 – 21:00 上映/ディスカッションセッション、Q&A
21:00 – 21:30: ネットワーキングタイム
21:30: 閉場

チケットの申し込みはコチラから(Peatexサイトへ移動)
入場料: 3000円(フィンガーフード+ドリンク含む)
(完全前売り制)

会場:Nagatacho GRiD

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-5-3 

東京メトロ 半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」4番、9番b出口より徒歩2分
(エスカレーターは9番a出口、エレベーターは5番出口)

東京メトロ 有楽町線「麹町駅」1番出口より徒歩7分

東京メトロ 銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」7番出口より徒歩5分

主催:

Circular Economy Club Tokyo

一般社団法人Social Innovation Japan

So Now


後援:

Gaiax Co.Ltd.