CELJサーキュラーエコノミーをデザインするワークショップ 入門編が完成

CELJが監修し作成した、サーキュラーエコノミーをデザインするワークショップができました。参加者がサーキュラーエコノミーの考え方の基礎を学びながら、サーキュラープロダクトを考えていくワークショップです。

サーキュラーエコノミーの第一歩は、対話やアイディアを出し合うことが大事。

考え方を学ぶだけではなく、自分たちでアイディアを出すこと、サーキュラーエコノミーを実装するために必要な参加者同士のコラボレーションの誘発に重点を置きました。背景や専門性の違う参加者同士でも対話が活発になり、アイディアをできるだけたくさん創出できるよう工夫されたワークショップです。

フィンランドとドイツのCELJメンバーと東京メンバーで半年の間にわたり作成した力作です。

この日は、 エコネットワークスからサーキュラーエコノミーに関心のあるTSAパートナーの皆さんにこのワークショップを体験していただき、改良のためのフィードバックをいただきました。

ゴミゼロの取り組みをオーガナイズされている530weekの大山さんのご協力のもと、Ciftの一角にお邪魔してワークショップを開催させてもらいました。

7月10日行われる『サーキュラーエコノミーをデザインしよう〜体験型ワークショップ 入門編〜』に向けて、良い感じに改良できそうです! 参加者の皆さまと530weekの大山さんに、大変お世話になっておりました。 どうもありがとうございました!

(All photos by Eriko Kaji )