「サーキュラーエコノミーをデザインしよう〜 体験型ワークショップ 入門編〜」を開催しました

2019年7月10日、「サーキュラーエコノミー をデザインしよう〜 体験型ワークショップ 入門編〜」をエコネットワークス(ENW)との共催により東京・渋谷で開催しました。


このワークショップは、サーキュラーエコノミーの製品やサービスを開発するうえで、大切な考え方やアプローチについて学ぶことを目的に開発されました。サーキュラーエコノミーラボジャパン(Circular Economy Lab JAPAN)が監修した初めてのサーキュラーエコノミー入門編ワークショップです。

当日は、企業の方を中心に16名の参加がありました。

ワークショップの前段では、野澤健氏(ENW代表)より、サーキュラーエコノミーの背景を説明したあと、佐原ツェアマン理枝( CELJ共同代表)より、サーキュラーエコノミー の考え方や欧州における動向についての説明がありました。

その後、体験型ワークショップとして3つのグループにわかれて、アイデアスケッチ手法を用いて、サーキュラーエコノミー の製品アイデアを考えました。

ファシリテーター&ワークショップデザイン:石原明美(CELJ)

サーキュラーエコノミー の考え方や実現可能な要素の視点から、各自のアイデアをつくり、それをグループ内でディスカッションを行い、アイデアの発展を行いました。

最後に、各グループ内で実現させたいアイデアを選びディスカッション内容と併せて発表しました。

参加者からは、

「絵にするということで新たな考えが浮かぶことがあった」

「ワークショップはとてもおもしろかった」

「絵は苦手でしたがみなさんのアイデアがおもしろかった」

「多様なアイデアが共有されたのはすごく斬新でよかった」

「入門編としてはエッセンスとなる視点が学べたので勉強になった」

などの声が寄せられました。

ワークショップの後はネットワーキングタイムを設け、CELJとの協働や、CELJへの参加の希望も多く寄せられ、非常に有意義な時間となりました。運営一同、心より感謝いたします!

本ワークショップについて貴重なアドバイスを下さった野澤健氏(ENW)にも共催のお礼を心から申し上げます。

今後も引き続きワークショップを開催するとともに、次のステージのワークショップも開発していきたいと思います。

今回参加してくださった方々をはじめ、今回参加できなかった方々、サーキュラーエコノミー やワークショップにご興味がある方々など、ぜひお問い合わせください。

みなさまのご関心、ご参加を心よりお待ち申し上げます!

次回のワークショップへの開催については、info@circular-eco.comまでお問い合わせください。