開催者:Sitra「第4回世界循環経済フォーラム2020、オンライン開催9月29日ー30日」

今年の世界循環経済(サーキュラーエコノミー )フォーラムは、カナダ・トロントで開催予定であったが、COVID-19の影響で2021年へ延期。代わりにオンラインにて世界の循環経済のソリューションを共有するなどの機会として9月29-30日に開催予定。 (出典元:Sitra)

【以下、6月25日追記】

9月29-30日のオンラインイベントの詳細が発表された。

基調講演、パネルディスカッション、ネットワーキングから構成され6つのセッションを開催予定。日本時間29日の18時からスタート。

プログラムの詳細はこちらから

申し込みはこちらから

そしてCOVID-19からの復興を目的に、フィンランドとカナダに加えてオランダとの協力も得て、気候変動や自然災害に備えるためにサーキュラリティ(循環性)が果たす重要な役割に取り組むため3ヵ国イベントを開催予定。

上記9月のオンラインイベントに加えて、

2021年4月15日、オランダでWCEFイベント&オンラインイベント開催

2021年9月13-15日、カナダ・トロントにてWCEF2021を開催

上記3つのフォーラムを通じて、従来の経済成長への道を取り戻すか、あるいはすでに始まっている循環型経済への移行を加速させ、長期的な成長に貢献するか、などを議論する。

具体的には、9月のオンラインにてサーキュラーエコノミー がビジネスと社会レベルにおいて、どのようにレジリエンスを高めることができるかを示す。
続いて2021年4月のオランダにおいては、気候変動との関連性を取り上げ、同年9月のカナダ・トロントにおいては、サーキュラーエコノミー に必要な主な行動と体系的な変化を明示する。

オランダとカナダのイベントを含めた詳細はこちらから。

Circular Economy Lab 編集部