Posted in ワークショップ 社会システムデザインの現場から フィンランド

CEのHUB作りを考える「Circular Economy Hubs」フィンランド現地レポート

フィンランドのトゥルク市にある大学で、毎年「Challenge Turku Goes Green」というイベントが開催されています。大学生を対象に、持続可能なイノベーションをコンセプトに毎年テーマを決…

Posted in フィンランド

フィンランドの共生都市”Kemi-Tornio” でサーキュラーエコノミー を促進

世界最北端の共生都市”Symbiosis”として、フィンランドのKemi-Tornioに注目が集まる。ここは、産業界の共生や産学連携を促進し、地域全体のバイオエコノミーの発展を…

Posted in SDGsへのメリット

サーキュラーエコノミーとSDGs達成の大きな関わり

サーキュラーエコノミーがパリ協定の国際目標を達成するための有効な手段であるとして注目が集まりそうです。 スタンレー財団とオランダのソーシャルエンタープライズCircle Economyから気候変動対策…

Posted in 団体

サーキュラーエコノミーの基準とは?

サーキュラーエコノミーの原則は簡単に言えば、「まだ使えるものは余さず使う」です。しかし製品に使われるマテリアルごとにCE化対策は千差万別、具体的な内容はマテリアルごとに違います。 ではどういった考え方…

Posted in EU ビジネスモデル

EUはサプライチェーンをどう変える?

EUの環境総局は、生産過程・製品設計・サプライチェーンの循環化を推奨している。基本的な考えは、生産・消費・貿易のあらゆる場面で、資源採取(原料・石油・土壌・水・自然資本)と環境へのインパクトを最小化す…

Posted in CE先進国を学ぶ オランダ

オランダ政府「A Circular Economy in the Netherlands by 2050」(2016)

オランダは、EU諸国の中でもサーキュラーエコノミーに積極的にコミットしている。紙・段ボールのリサイクル率は82%、金属リサイクル率は94%(2014年)と資源循環も進んでいる。消費者の8割以上が買い物…

Posted in CE先進国を学ぶ フィンランド

フィンランド、サーキュラーエコノミー のロードマップ・アクションプラン

フィンランドのサーキュラーエコノミー のロードマップとその行動計画にあたるアクションプランが、フィンランドの環境省とシンクタンク機関Sitraを中心に策定された。 2017年12月期のフィンランドの失…